About IFSA

IFSAの概要

 

 

 

 

 

 

 

 

理事長挨拶

 

 日本でIFSA(国際風水協会)を立ち上げようと思ったきっかけは、国内の惨憺たる風水世界に確かな秩序や規律を設けるために一縷の望みを託したことにあります。
 様々な悪質な金儲けのためだけのビジネスと化したこの業界を前にして、いつも思うのは十年前と何も変わっていないという現実でした。そして、この現状を打破するためにもIFSAの理念を掲げる必要があると考えるようになりました。
 風水の専門的職業のイメージを高め、最も高度な風水の適正と実践を育成する方法により、風水専門家の育成を国際的に奨励し支援する理念こそが求められていると感じたのです。
 ですから、IFSA Japan Chapterでは厳粛に会員の風水や五術とのかかわりを精査し、役員による議決権を行使し、当会の理念にそぐわない行いをしている者たちを会員として承認しない方針を強く貫いてまいります。
 また、当会の目的は風水専門家をまとめ、実践者と組織を結集し、反社会的ではない風水の研究をする組織をつくることを信条とし、国際社会で活躍できる人財から国際的な組織づくりまでを担い、IFSA Japanが社会に対して貢献できるように精進して参ります。
 崇高な理念である風水の研究から、風水を正しく社会に普及する目的のために、透明感がある組織づくりに邁進し、理念を共有できる同士を待っています。

2017年10月28日寒露

山道帰一

目的

 

IFSAは、風水を実践する専門家の成長を国際的に支援している協会です。風水の専門的職業のイメージを高め、最も高度な風水の能力と実践を育成しています。

 

  • 風水の実践者や組織を共通理念の下に置き風水専門家をまとめます。
  • 風水の実践における専門的な経験や意見交換の場を提供します。
  • 最も良い風水の実践を奨励するために会議を実施しイベントを開き、オリジナルの研究や論文を展開し出版します
  • このような活動を通してすべてのメンバーが一般的恩恵を得られるようにします。

執行委員会

 

  • 理事長     山道帰一
  • 副理事長    川本一志
  • 理事   アマーティ正子
  • 監事      新宅良規